ホテルで最適な睡眠をとるために行いたいこと

枕が変わって眠れないという人は

旅行や出張に行った時には普段とは違った環境で眠ることになります。

最近はビジネスホテルも過当競争状態になっているせいかかなり寝具の質にはこだわってくれているようですが、それでもどうしても「枕が変わると眠れない」と感じている人はいることでしょう。

そうして眠れない状態が続くと「明日早いのにどうしよう」といった不安も出てきてしまうためますます眠れないループに入って行ってしまいます。

無理に眠ろうとして薬を飲んだりお酒に頼ったりすることもあるかもしれませんが、そうした方法は眠りを浅くして余計に疲れを翌日に残すことにもなってしまうのであまりおすすめできません。

いつもと違った環境でも眠れるようにするには、まず体を睡眠モードに切り替えやすくしていきます。

人は睡眠中は体温が少し下がります

睡眠しやすくするには、まず自分の体を睡眠中と同じような状態にしていくのがよい方法です。

人は睡眠に入ると起きている時と比べて体温が低めになります。

そこでホテルなどの空調を自分で調節できる施設なら、まず気持ち温度を低めに設定してみましょう。

目安としてはだいたい18度くらいです。

また明かりが視界に入ってくるとどうしても脳に刺激が入ってくるので、カーテンをしっかりと閉めるとともに室内灯も完全に消して真っ暗になるようにします。

眠る直前にパソコンやスマホをいじっているとブルーライトのため眠りが浅くなってしまうのでできるだけ寝る数時間前には画面を見ないようにします。