【電気代節約】コタツの節約術とは

冬には手放せないコタツの上手な使い方

コタツといえば寒い冬には欠かせない手軽な暖房器具です。
家族でも一人暮らしでも多くの家庭でリビングに置いていることと思いますが、便利な反面ついついつけっぱなしなど無駄な電力使用をしてしまっていることもあります。

ただし先に言っておくとこたつそのものは暖房器具として非常に優秀であり、他のエアコンやファンヒーター、ガスストーブなどよりもかなり効率的に暖をとることができる道具です。

普段はエアコンで冬期間を過ごしているという人も、コタツを導入することで電気量や光熱費を減らすことも可能なのでスペース的に余裕があるならぜひ冬の間はコタツを使用することをおすすめします。

これはコタツは布団で空間を密閉させその限られたエリア内を温めるという方法をとっているからで、余分なスペースまで暖かくしなくてはいけない空調暖房よりもずっと効率がよいからです。

ですのでよりコタツの熱効率を高めるためには、使用人数に合わせたサイズのものを使用し、熱が逃げにくいように密閉性の高い布団や断熱性能のある床シートを使うということがおすすめになります。

ニトリのような家具インテリアショップや各地のホームセンターに行くとこたつ用の節電グッズがたくさん販売されているのでそうしたものから選ぶとよいでしょう。

コタツと他の暖房器具の組み合わせ方

コタツは非常に便利な暖房器具ではありますが、それ一つだけで全ての暖房ができるというわけではありません。
足を入れていても温かいのは下半身だけなので部屋全体を温めるには他の暖房機も必要になります。

コタツとの組み合わせでぜひおすすめしたいものの一つとして「床暖房」があります。
床暖房はエコ住宅やガスシステムを導入している住宅ならおなじみのものですが、足元を温めるコタツとは非常に相性がよく、コタツそのものの電力をさらにおさえるとともに部屋全体をじっくり芯から温めてくれます。

床暖房を導入するのが難しいという家庭なら、手軽にホットカーペットを使用するということもできます。
ホットカーペットをコタツの中に敷いておくと体感的な暖かさはぐっと高くなります。

どうしても手元が寒いというときのために、直接的に遠赤外線を出す暖房器具を使用するのがよいでしょう。
具体的には灯油ストーブやハロゲンヒーターなど手をかざしてすぐに温かくなるものにしておくと、部屋全体が温かくなくても快適に過ごすことができます。

コタツは朝から使用するには適しませんので、夜間のみの使用に備えるためにあらかじめ電気料金を夜間割安プランにしておくのも良い方法です。
暖房は使用する時間帯によって使い分けをしていくことで全体的な光熱費を下げていくことができます。