逆境にぶつかったときにメンタルを強くする方法

今日から始めるメンタルトレーニング

現代はこころの時代と言われることもあるほど人の精神力が多く問われる場面にあふれています。

長い学生生活ではテストテストで常に他人と競って生活をしていくことになりますし、それがやっと終わったと思ったら今度は就職をしてそこでも売上や成績を競いあうことになります。

また現代はミスに対して不寛容な時代とも言われており、たった1回のミスが本人にとって致命的なキズになってしまうということも起こってしまいます。

責任ある仕事についている人ほどこうしたミスや競争によるストレスは常に感じるようになってしまうので、それが長く続くことで精神的な疾患を患ってしまうということもあります。

どんなに優れた能力を持つ人間であっても、長い人生においては一度くらいはミスをしてしまうものです。

大切なのはミスをしないことではなくしてしまったミスをどう活かしていくかということなのですが、実際にミスをしたときにはなかなかそこまで思考が回りません。

そのためミスをして大きく落ち込まないためにも、普段からメンタルを強くするトレーニングをしておくことをおすすめしたいです。

自分を見つめなおすことが精神力を高める

メンタルトレーニングの基本は「自分を知ること」とされています。

例えば普段の生活ではちょっとした出来事でカッとなったり、些細な一言に傷ついて落ち込んでしまったりということが起こります。

ですが案外突き詰めて考えてみるとそうした怒りや悲しみは自分の中にあって自分が意識をしていなかった劣等感や過去のトラウマが関わっていることがよくあります。

名上司と評判の方から聞いた話の中に、「部下がもしミスをして叱責をしそうになったら、まず自分がもし今非常によいことがあったあとでもやっぱり叱責するか?」ということを省みてから行うようにしているということがあります。

何かの感情が急にたかぶったときには、それをなぜ自分がそう感じているかということをつきつめていくことで本当の理由を知り心の負担を軽くすることができます。