一人暮らしVSシェアハウス、あなたはどっち派?

一人暮らしVSシェアハウス、あなたはどっち派?

一人暮らしとシェアハウスの違いとは

「シェアハウス」という居住形態は今やかなり知名度が高くなっているのでなんとなくどういった場所かということをイメージするのは難しくありません。

昔から住宅を「シェアする」ということは多く行われてきたことで、結婚を約束しているカップルだけでなく、一人だけでは家賃を十分に支払うことができない人や、一人だけでは生活や防犯に不安があるという人が一緒に住んでくれる人を募集したりしていました。

しかし個人的に募集するシェアハウスの場合には広告を出す場所も限られてしまいますし、もし同居人と何らかのトラブルがあったとしてもその解決をするのはあくまでも個人同士の問題となっていました。

ここ最近では都内などではバブル期以降に大量に建築されたビルやアパートが飽和状態になっていることと、一人だけでは十分に住宅費を確保することができない若者が増えたということで、空き物件に大勢を入居させるシェアハウスが急増してきました。

旧物件の利用だけでなく新たにシェアハウス用に建築されるケースも出てきており、年々質も量も充実してきているというのが現状です。

参考>>シェアハウスですか?|オークハウス

こうしたシェアハウスを専門に取り扱う業者も見られるようになってきて、従来まであったようなシェアハウスならではの問題もかなり軽く解決ができるような体制が作られています。

一人暮らしのメリット・デメリット

一人暮らしで物件に入る場合、何よりも大きなメリットになるのが「自由さ」です。

一人での生活なので何かに気を使ったりすることもなく、自分だけの時間を自由に使うことができます。

実家ぐらしが長かったという人の場合には、夜に友達と出かけたり遅くまでゲームをしたりというときに家族から干渉を受けて窮屈に感じていたということもあるでしょう。

その点一人暮らしでは全て自分のことを決めるのは自分だけなので、本格的に自由を謳歌することができます。

しかしその半面で全てを一人だけでしなければいけないということはデメリットにもなります。

健康で十分にお金があるというときならよいのですが、例えば病気になって寝込んでしまったという時などには誰も看病やご飯の用意をしてくれません。

また万が一失職をして収入が途切れてしまったらそこで退居をしなくてはいけなくなります。

自由の反対にある義務までもをしっかりと受け入れて生活ができるかということが一人暮らしを楽しむためのコツになります。

シェアハウスのメリット・デメリット

シェアハウスの最大のメリットは一人暮らしで賃貸契約をするよりもずっと安い家賃で入居することができるということです。

シェアハウス用に作られている物件の大多数は、広いリビングやキッチン、バスルームといった共用部分とともに個人が生活をする居室をつけています。

つまりプライバシーはしっかり守りつつも、キッチンやバスルームのような一日のうちに数回しか使わないスペースは他の人と譲り合いながら充実した設備を使用することができるということです。

また同じ家賃相場で探した場合、シェアハウスの方が一般的な賃貸物件よりも安く入居できることが多いので、都内の中心部に住みたいという希望も比較的簡単にかなえることができます。

デメリットとしてはやはり他人と共有することに抵抗感を感じる部分があるということでしょうか。

全く違った生活環境で育ってきたお互いが一緒に生活をするので、場合によっては炊事や洗濯などの仕方で対立をすることもあるかもしれません。

共同生活をするためにはお互いの話し合いや協調性が必要になってくるので、その点は気をつけていきたいところです。