狙った魚を獲る「釣り」の魅力とは?

狩猟本能を刺激する釣りの魅力をご紹介!

海や川などに出かけて、狙った魚を捕らえる釣りは、とてもポピュラーな趣味です。
漫画の釣りキチ三平や、映画の釣りバカ日誌など釣りをテーマとした作品も多く、このような作品を読んで釣りの奥深さに触れ、興味を持つようになった方も多いのではないでしょうか。

釣りの魅力は、魚を釣り上げるためにさまざまな工夫を凝らすことにあります。
魚の習性、天候や時間などから戦略を練り、狙い通りに魚を釣り上げる楽しさはゲーム性もあってとても楽しいものです。
特に、思いがけない大物が釣れたときは喜びは、釣り人にとってかけがえのないものです。

釣りは魚との戦いであり、戦略を練らないとなかなか釣り上げることができません。
知識や技術が必要なのですが、この難しさが釣りにハマる一番の魅力ではないでしょうか。
簡単に釣り上げられるようでは、すぐに飽きてしまいます。

魚の影が見えているのになかなか食いついてくれないなどうまく釣れないときに、ルアーを変えてみたり、場所を移動してみたりと、あれこれ工夫するのは何とも楽しいものです。

海や渓流など自然に触れられるのも、魅力の一つです。
雄大な海に釣り糸を垂らすのも爽快ですし、山の中を流れる渓谷では森林浴も楽しめます。

また、釣った魚を食べる楽しみもあります。
海で採れた新鮮な魚を刺身にしたり、煮付けにしたりして食べると、魚の味が何倍もおいしく感じられます。

そして、同じ趣味の仲間とワイワイ釣り談義に花を咲かせるのも釣り人の楽しみの一つです。
仲間と釣りに出かけて釣れた魚の大きさを比べたり、情報交換をしたりなど、釣り好きにしかわからない会話で盛り上がる時間はとても充実しています。

最初の道具はスターターキット「ちょい投げセット」がオススメ!

釣りを始めるためには、釣り竿などの道具が必要です。

釣りには海釣りと川釣りがあり、それぞれ使うロッド(釣り竿)が異なります。
最初にどれを選ぶか悩むことが多く、最初は安価なものを選びましょう。
初めて釣りにチャレンジするなら、バス釣り用のロッドをおすすめします。
価格も5,000程度とリーズナブルですし、バスがいる川や湖だけでなく、海釣りにも使えるからです。
安いロッドを使って釣りに慣れてきたら、もっと良いロッドが欲しくなってきます。
そのときまで、お金をためておきましょう。

バス釣り用のロッドのほか、初心者向けのちょい投げセットと呼ばれるスターターキットを購入するのもおすすすめです。
ちょい投げとは、仕掛けを投げる距離が数十メートル以内の釣りのことをいいます。
ちょい投げせっとには、短距離用の振り出し式の投げ竿、スピニングリール、仕掛け、メゴチバサミ、簡易ペンチなど釣りに必要なものがセットなっているので、これを購入すればすぐに釣りに出かけることができます。
値段も3,000円から5,000円程度ととても手頃です。
何を揃えればいいのかわからないという方は、ちょい投げセットを購入されてはいかがでしょうか。

釣りは一度体験すると、その魅力にハマッてしまう人が多い遊びです。
安い道具から始めても問題ありませんから、まずは釣りに出かけましょう!