冷水シャワーを浴びることで健康になれる?

体を冷やすことで得られる効果

一般的に体を冷やすということは健康によくないことと言われています。

女性の場合などはただでさえ末端冷え性に悩んでいるのに、その上体を冷やすような行動をとるなんていうのはほとんど自殺行為に等しいとすら思ってしまうところです。

しかし日本には昔から寒中水泳や乾布摩擦といったあえて寒い環境に体をおくことで健康を増進させるという方法が伝統的に行われてきました。

全ての人に対して有効というわけではないのですが、きちんと健康管理に気を使いながら行う体の冷却化は実はとても体に良い影響を与えるということがわかっています。

おすすめの方法としては冷水シャワーを使うというもので、朝起きた時などにざっと冷たいシャワーを浴びるようにするだけでも十分な効果を得ることができます。

朝の時間帯に浴びる冷水シャワーでは、眠気でぼんやりとした頭をシャッキリとさせてくれるものになるので、毎朝寝起きがよくないということに悩む人にはぜひ試してもらいたいです。

厳しい環境に置くことが体を鍛える

冷水シャワーが体によい理由は、体を急激に冷やすということが逆に体内の神経に「体を暖めないといけない」という指令となるからです。

逆説的ですが体がより寒いところに置かれるとなると体内は生命を維持するために必死になって熱を作り出そうとします。

これが習慣になることで自然に体が温まりやすい体質になっていくため、基礎代謝を上げて血行の増進に役だちます。

また冷たい水が体につくことで瞬間的に体表面の毛穴が締りますので、これが美肌効果にもつながってきます。

ただしあまり長い時間冷たい水を浴び続けると低体温症になってかえって健康を損なってしまうことにもあるのでほどほどにしてやりすぎには注意しましょう。